TOP > CATEGORY > 自然風景
TOP | NEXT

リストマーク 虹始見 

2017年04月17日 ()
  今ごろは、七十二候では清明の末候の「虹始見(にじはじめてあらわる)」にあたり、春になって、雨の後に虹が出始める頃をいいます。
 今夜から春の嵐となる予報ですが、明日の雨上がりには虹が出るのでしょうか。春の虹は淡く、すぐに消えてしまいますが、萌える山野にかかる虹は幻想的です。

  今日の水彩画は、「大島桜」です。淡い紅色一色に染まるソメイヨシノの桜並木の中で、白い桜のオオシマザクラはひときわ目立ちます。新緑の若葉の間に咲く純白の花が、春の陽を浴びて、可憐に清らかに輝きます。
17-04-17.jpg

  オオシマザクラは、大島の名の通り伊豆大島など伊豆諸島が原産とされています。花は春に、新葉が開き始めると同時に五弁の白い花が咲きます。葉はよい香りがあり、塩漬けにして桜餅を包むのに使われます。オオシマザクラの花言葉は、その純白の花から、純潔・精神美・優れた美人、です。
 今では、桜といえばソメイヨシノですが、ソメイヨシノはエドヒガンとこのオオシマザクラの人工交配種として、江戸の染井村の植木職人によって作られたとされています。

  おとうさん、花見酒?「この間の花見の酒が余っていたなあ?」「あら!そうですか?また花見ですか?それより畑仕事でしょ!」「だから、花見なのだ!そもそも、花見は、田植えの頃にサクラが咲くことから、田植え前に豊作を祈願した神事がお花見の起源なのだ!サクラの名前も、「サ」は「田神(さがみ)」のサで穀物の霊を表し、「クラ」は田の神の依りつく「座(クラ)」を意味しているのだ!だから、花見は畑作業の前の神事なのだよ!お酒だ!お神酒だ!」「そんな神事は信じられませんっ!」

  「虹」の漢字は、「虫」(へび)に「工」(つらぬく)です。中国では、虹を蛇や竜の一種と見なす言い伝えが多く、虹は蛇が空にアーチを架けているように見えるのでしょう。この虹蛇(にじへび)にちなむ伝説は、中国だけでなく、オーストラリアや北アメリカ、西アフリカにもあるようです。オーストラリアの場合は、虹はアボリジニが崇拝する虹の精霊と名付けられ、それらは雨を降らせる力がある巨大な蛇を意味するそうです。

  「初虹も わかば盛りや しなの山」 小林一茶の句です。妻子を病で亡くし、天涯孤独になってしまった一茶が、後妻を娶り新たな希望に輝きながら、故郷の春の虹の風景を見て詠んだ句といわれています。俳句の世界では、虹は夏の季語ですが、初虹や春の虹とすると春の季語になります。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.04.17(Mon) 20:38] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 清浄明潔 

2017年04月07日 ()
  4月4日頃は二十四節気の「清明」にあたります。万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。清明とは、春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を略したものです。この頃は桜の花が満開となり、お花見に最適の時期ですが、菜種梅雨などと呼ばれる雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。南の地方ではつばめが渡って来る頃で、七十二候の清明の初候には「玄鳥至(つばめ いたる)」とあります。

  今日の水彩画は、「満開のソメイヨシノ」です。満開の時期を見計らって、4日に新宿御苑と千鳥ヶ淵を回って花見をしてきました。混み合う花見客にもまれながら、下から桜を見上げると、薄桃色の雲の中に桜の花が春の陽に輝きます。まさに桜花爛漫(おうからんまん)の春です。
17-04-07.jpg

  900年程前の中国北宋末期に描かれた「清明上河図」には、春たけなわの清明の時節、庶民の生き生きとした暮らしぶりが描かれています。中国の至宝「清明上河図」が日本で(中国国外に持ち出されたのはこれが初めて)公開されたのは2012年のことでした。この画巻の価値は、精細な描写にあり、長さ5メートル、縦24センチの画面の中に登場する人物700人以上、牛、馬、ロバなどの動物73頭、馬車など20数輌、船25艘、多数の建物、橋、城門などが実に細かく描かれており、歴史研究と芸術の面で多大な価値があると言われ、いまでも研究が続けられています。

  おとうさん、花見で二日酔い?「お~い!花見酒だ!」「あなた二日酔いじゃありませんか?」「芭蕉の句に 二日酔ひものかは花のあるあひだ とある!桜はすぐに散るから二日酔いなぞ気にしていられない~うぃっ!」「それでは空き瓶に花を活けて・・どうぞ!」「・・・・?」「芭蕉の句に、呑み明けて花生にせん二升樽 とあります。空き瓶に花をいけたら、呑み干してしまいお酒がありません!ということですよ」

  「花の雲 鐘は上野か 浅草か」とは芭蕉の俳句で、はるかに見渡せば、雲と見まがうほどの桜の花の盛りで、隅田川を渡って聞こえて来る鐘の音は、上野の寛永寺か、それとも浅草の浅草寺であろうか・・・。
 「花の雲」とは、桜の花が一面に満開になるさまを、雲に見立てていう言葉で、春の季語になっているようです。江戸深川にある芭蕉庵で詠んだ句のようで、芭蕉庵からは上野も浅草もほぼ同じ距離にあり、ふと耳に入った時の鐘はどちらの寺の鐘かなあ~と、まさに春うらら、居眠りをしたくなるような雰囲気です。
   
  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.04.07(Fri) 21:55] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 水沢腹堅 

2017年01月26日 ()
 寒波が襲来し大寒真っ只中、25日からは七十二候の「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」つまり、沢に氷が厚く張りつめるほどの寒い時期になります。この時期には、その年の最低気温が観測されることも多いようですが、一方では、「春隣」という季語が使われるように、春がすぐそこまで来ているともいわれ、寒さに耐えひたすら春を待ちわびる季節です。

  今日の水彩画は、「吹雪の菅平高原」です。先週、菅平高原に行ってきました。雪が少なかった昨年とは違って、今年は大雪と吹雪の中での滑走となりました。
 吹雪の中、寒さと雪の重みに耐えている木々は、枝々に蕾を抱え、根元の雪の下に虫たちの卵を隠し、やがて来る春に繋ぐ命を守ります。吹雪の合間に差す薄日が、春を待つ木々たちを元気づけます。
17-01-26.jpg

  日本の観測史上最も低い気温は、1902年1月25日に観測された北海道旭川の-41℃で、百年以上たった今でも塗り替えられていないそうです。この日は、青森で八甲田山遭難事件が発生した日でもありました。最低気温の世界記録は、南極で1983年に観測されたー89.2℃です。ちなみに人が住んでいる地域での最低気温記録は、シベリアで観測されたー67.8℃だそうです。マイナス90℃の気温とは、家庭用の冷蔵庫の冷凍室はー18℃、ゴキブリ退治のジェットは-75℃(カタログ値)ですから、その寒さはすべてが凍り付く想像を絶する世界なのでしょう。

   おとうさん、寒波!「寒むっ!こんな日は温泉で温まり、鍋物で燗酒だねえ~!」「あなた、お風呂が沸きました!」「おっ!お風呂、想像で温泉だと思えばいい・・・風呂から上がるとお姐さんが鍋を用意していて、あら遅かったのねえ、燗が冷めちゃいましたよ、私の肌で温めて人肌燗でいい・・・」「あなた、湯あたり?お水をジャ~と!」「ぎゃあ~!冷はだめだ!熱燗にしてくれ!」

  温まる話にしましょう。日本酒はお酒の中でも飲む温度の幅が広いお酒ですが、燗酒には細かく温度別に名前がついています。日向(ひなた)燗:30℃、人肌燗:35℃、ぬる燗:40℃、上燗:45℃、あつ燗:50℃、とびきり燗:55℃、日向よりも人肌のほうが温かいとした昔の人の感覚がいいですねえ~。

  「山水の減るほど減りて氷かな」蕪村の俳句ですが、まさに沢の水が氷る「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」の寒中に詠んだものなのでしょう。

ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

   今年も下記のように、相模原の市民ギャラリーにてサム ヤマモトの水彩画個展を開催いたします。駅のすぐそばの会場ですので、気軽にお越しください。

サム ヤマモト 水彩画個展(第四回)
「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4F
開催期日 2017年2月10日(金)~2月13日(月)
時間 10:00~19;00(初日11:00より、最終日16;00まで)
入場無料、図録等の販売あり

[2017.01.26(Thu) 13:40] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 山茶始開 

2016年11月10日 ()
  七十二候の立冬の初候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」で、この「つばき」というのは椿(ツバキ)ではなく、山茶花(サザンカ)ことで、山茶花が咲く時期なのです。サザンカは、ツバキ科ツバキ属で、日本原産の花だといわれます。
 サザンカという呼び名は、「山茶花( さんざか、山の茶の花)」が変化したものといわれますが、中国では「山茶花」はツバキを指すそうで、その昔、暦が伝えられた時に誰かが混同したのでしょうか。

  今日の水彩画は、「川面に映る秋色」です。土手を下り、木立を抜けて川原にたどり着くと、対岸の山の斜面を埋め尽くす木々が、秋の陽を浴びて眩しいほどに輝きます。木枯らしが吹いた昨日とはうって変わり、柔らかな日差しに紅葉黄葉が明るく光り、秋色を映す川の流れが華やかな秋を運びます。
16-11-09.jpg

   朝夕が冷え込み、暖房器具が活躍する季節になりました。江戸時代ではコタツを使い始める日が決まっていたそうです。武家屋敷の「炬燵開き」は、旧暦の十月(亥の月)の最初の亥(い)の日(いまの暦で2016年は11月1日)、町屋の一般庶民は、二番目の亥の日(12日後)に炬燵を使い始めたと言われています。町人方が12日遅れていますが、庶民の燃料費節約志向を反映しているのでしょうか?
  なぜ、亥の月亥の日に「炬燵開き」をしたのか、というと、亥(イノシシ)は火を免れるということから、この日にコタツを出すと火事にならない、という言い伝えがあるそうです。いまでも茶道の世界ではこの「炬燵開き」が残っていて、亥月初亥の日に、風炉に変えて炉を開くそうです。

   おとうさん、炬燵?「いいね、炬燵に入るとネコの気持ちが良くわかるねえ、温いニャア~ゴロゴロ~」「あなた~!今日は畑の日でしょっ!おこたでゴロゴロしている場合じゃありません!」「そうだけど!寒いなぁ~炬燵に入りながら出来る畑仕事は無いかなぁ~」「あなたっ!炬燵を背負って動かないでください!まったく、それじゃ 炬燵守り じゃなくて、コタツムリですよ!」

  サザンカの花言葉には「困難に打ち勝つ」というのがあります。花のない季節に、寒さや雪にも負けずに咲き続けるサザンカ、けなげで可憐です。
「山茶花に犬の子眠る日和かな」 正岡子規の句です。昨日は木枯らしが吹いていたのに、今朝は柔らかな陽の射す穏やかな日和、足下の陽だまりには犬の子が気持ち良さそうに居眠り、お隣の「山茶花」の花がこぼれるほどに咲き誇っています。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト

  サム ヤマモトの個展のお知らせ

10周年記念 サム ヤマモト水彩画個展 「木々の光と影と命」

2006年に始めた個展も10年目(11回)を迎えました。これも個展に来ていただいた皆様と、個展を支えてくれた人たちのお力によるものと、心から感謝申し上げます。
10年間の集大成となる画集の出版を機に、今回がこの会場での最後の「個展」別名「居酒屋サム」の開店となります。ワインと水彩画、そして語らいをお楽しみください。はじめての方も大歓迎いたします。入店無料です。サム店長

場所:グランドプリンスホテル高輪、2階 「撫子」の間
    03-3447-1111
    JR品川駅 高輪口から国道15号線歩道橋を渡り坂を上がり徒歩8分
日時:2016年12月3日(土)10時から18時 ~12月4日(日)9時から15時
[2016.11.10(Thu) 15:01] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 暑さ退く 

2016年08月20日 ()
  8月23日は二十四節気の14番目の処暑です。暑さが峠を越えて後退し始めるころで、暦便覧では「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と記されています。処暑を過ぎると、二百十日(9月1日頃)がやってきます。台風が来ることが多いため、農家にとっては厄日とされてきました。今年は台風が少いと思っていたら、今日も台風の影響で朝から激しい雨が・・・、来週には台風9号がくるようです。

  今日の水彩画は、「故郷の夏の川」です。山間を流れる川の風景をみると、「ふるさと」の唱歌が頭に浮かんできます。はるか昔に遊んだ夏の川、じりじりと照り付ける日差しのもと、ザワザワと流れる川の音に合わせるように蝉の声が谷に響きます。谷間を流れる風に乗って、子供たちの川遊びの歓声が聞こえてくるようです。
16-08-20.jpg

  「兎追いし かの山 小鮒釣りし かの川 夢は成もめぐりて 忘れがたき ふるさと、
如何にいます 父母 恙無しや友垣 雨に風につけても 思い出ず ふるさと・・」の唱歌は岡野貞一の曲に、高野辰之が詞をつけて明治43年につくられました。この詞は、高野の故郷・信州の風景を描いたものだといわれています。故郷っていいものです。

   処暑はまだまだ暑い時期です。夏バテ解消に処暑で食べると良いというものに、サンマと秋ナスがあります。
秋の魚の代表格であるサンマが出回る頃です。夏バテ解消にサンマを食べるなら、苦味があるワタと一緒に食べるのがおすすめだそうで、ワタにはビタミンが豊富に含まれ、吸収も良くなるのです。茄子(ナス)といえば「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがあるほど美味しいとされています。ナスには水分が多く含まれ、その水分で体を冷やすという効果を持っています。暑い夏にはピッタリの食べ物です。

   おとうさん、畑の茄子?「ナスが沢山できたな・・・茄子焼をショウガ醤油で・・、冷たいビールでキューっと!」「あなたナスが焼けました!ビールも冷えてます~」「どっどうなっているの?お前も一緒にどうだ!」「秋ナスは嫁に食わすな!って言いたいのでしょう?」「いや、この諺には、秋ナスは体を冷やすから・・という優しい意味も!」「知っていますよ!もう関係ない年ですから、いただきまぁ~す!」「・・・・・」

  「秋涼し手ごとにむけや瓜茄子」 芭蕉の句です。ここで「瓜」は芭蕉の好物の真桑瓜のことのようですが、茄子は皮をむいては食べられない。茄子は「水ナス」のことで、泉州の特産で甘く水分の豊富な生食野菜として好まれたようです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2016.08.20(Sat) 19:58] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード