TOP > CATEGORY > 自然風景
TOP | NEXT

リストマーク 霞始靆 

2018年02月24日 ()
  2月19日ごろから、二十四節気では「雨水」、空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころという季節です。暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されています。実際には寒さや積雪が頂点となることから、この時季から寒さも峠を越え、いよいよ春が近づいてくることが感じられころなのです。昔から農作業の準備を始める目安とされてきました。

  今日の水彩画は、「春を告げる紅梅」です。まだ冷たい風が吹く林の中で、百花繚乱の春の始まりを告げるように、紅梅の花が咲いています。裸木ばかりの林の中で、ひとり派手な衣装をまとい、春の到来を告げながら舞っています。
18-02-23.jpg

  紅梅の木の断面はピンクの淡い紅色をしていて、白梅の木の断面は白っぽい色をしているそうです。紅梅の実は小さくて固く、白梅の実のように食用にはなりませんが、美しい淡い紅色の幹は、器や家具などを作る木材として人気があるそうです。

  おとうさん、梅の花!「いよいよ春~、梅は咲いたか桜はまだかいな~♪」「あれは紅梅ですねえ~きれい」「あのな、花が紅色だから紅梅とは限らないの、木の幹の断面が紅色だと紅梅、白色だと白梅だ!花ではなく木の種類なのだ!だから、紅梅の木に白花、白梅の木に紅花が・・・」「あなた!またややこしいことばかり!赤なら紅梅、白なら白梅でいいじゃありませんか!」「だから、本質は中味だと・・」「開いてみないとわからないあなたのお腹の中みたい!」「・・・・・・」

  七十二候では、今頃は雨水の次候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」です。春になると大気中に水滴や細かな塵が増え、また、霧やもやのために遠くの山や景色がぼやけて見えることがあります。また、煙や雲が上に上らずたなびいたように見えることもあり、こうした現象を古来より「霞(かすみ)」と呼んできました。
  近年、空気中に飛散するもののなかに杉花粉があり、花粉症の方には辛い時期になってきます。これは、PM2.5の様な微小粒子状物質には、物と物がくっつく力「分子間力」があるため、花粉などと結合して「悪玉花粉」になるのではないかといわれています。「春霞」は風情がありますが、花粉症による鼻水や涙は困ります。

  「春雨や いさよふ月の 海半」 与謝蕪村の句です。「いさよふ」はためらうという意味です。また、「海半」の読みは「うみなかば」です。春雨の雲間に、海面からためらうように月が顔を覗かせている、という絵のような情景が浮かんできます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.02.24(Sat) 11:01] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 水沢腹堅 

2018年01月29日 ()
  七十二候では、29日ころまでが「水沢腹堅(さわみず こおりつめる)」です。大寒の真ん中にあたるこの時期は、沢を流れる水も凍るほど寒いころという意味です。今年もまさにこの時期、寒波が襲い、首都圏でも4年ぶりの大雪となりました。
  また、インフルエンザが大流行しています。例年の流行パターンでは1月頃まではA型が流行り、2月に入るとB型が流行り出すそうですが、なんでも今年は1月にA型とB型が同時に流行っているようです。栄養と休養を十分に取り、ストレスを溜めない生活をして、風邪にかからないようにしましょう。

  今日の水彩画は、「木もれびの森の雪景色」です。相模原でも25センチ程の雪が積もりました。木もれびの森の広場も雪で埋まり、細かい枝にも雪を乗せて、白い衣装を纏った枝垂桜が、白鷲の舞を舞っているように、陽に白く浮かび上がります。
18-01-26.jpg

  漢字学者の阿辻先生によると、「雪」という漢字は「雨」の下に鳥の羽を描いており、凍った水滴が鳥の羽のように空から舞い落ちる様をかたどった象形文字として、甲骨文字にも登場するそうです。童謡に「・・・犬は喜び庭駆け回る・・」とあるように、雪には生きものを喜ばせる美しさがあるようです。とはいっても、数メートルもの雪に覆われる雪国の人や、たまに降る雪に悩まされる都会人にとっては、美しいどころではないかも知れません。

  おとうさん、大雪!「お~!積もったなあア!」「あなた、道の雪かきしてくださいな!」「今日は晴れだ!お天道様が溶かしてくれる!」「あなた!両隣の方々が出て、雪かきしていますよ!」「しかたがない!雪かき、雪かき・・・・」「あなた、お疲れ様です!あらっ!汗びっしょり!」「雪かき、汗かき、雪かき、汗かきだア」「熱いシャワーで汗を流し、ビールでも飲んでは・・・」「えっ!これじゃ、また大雪が降りそうだア~」

  「箱根こす 人もあるらし けさの雪」とは、松尾芭蕉の句です。「今朝のこの雪の中を、箱根を難渋しながら越えている人もいるというのに、わたしは温かいもてなしを受けている」という意味ですが、この句が箱根山に近い小田原などで詠われたと、誰もが思うところですが、なんと、芭蕉はこの句を名古屋で詠んでいたのです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

ここで、個展開催のお知らせです。

サム ヤマモトの水彩画個展(第五回)「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4階
日時 2018年2月9日(金)~2月12日(月)
     10時~19時(初日11:00より、最終日16:00まで)
この一年間に本ブログに掲載した透明水彩画の原画50点余りを展示します。
原画の美しさをご覧ください。
入場は無料ですが、チャリティ募金を行っています。チャリティにご協力いただくと、お好きな絵のプリントやカレンダーを差し上げています。
皆様のご来場をお待ちしております。

サム ヤマモト
[2018.01.29(Mon) 17:06] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 朔風払葉 

2017年11月29日 ()
   11月27日からは七十二候の一つ「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」です。朔風払葉とは、冷たい北風が木々の葉を落とすころという意味で、朔風とは木枯らしのことです。地面いっぱいに広がる落ち葉と、葉を落とした木々は冬の代表的な景色で、秋が終わり冬の到来という、季節の移ろいが感じられるころです。

  今日の水彩画は、「香嵐渓の紅葉」です。先日、香嵐渓に紅葉狩りに行ってきました。今が見ごろと、山の斜面を彩る紅葉が陽に照り輝いています。岩の間をぬうように流れる川に赤や黄色の紅葉が映り、流れに煌びやかな秋を浮かべて下ります。
17-11-29.jpg

  冬になると空気が乾燥して、風邪をひきやすくなります。冬になり気温が低くなると、空気中に溶け込む水分が少なくなり空気が乾燥した状態になります。特に、太平洋側の地域では冬に乾燥することが多くなります。これは大陸から吹く季節風が、日本海で熱と水蒸気を補給して雪雲となり、この雲が山にぶつかり日本海側に雪を降らせます。雪を降らせたあとの乾燥した風が山を越えて太平洋側へ吹くことで、乾燥した晴天が続くことになります。

  おとうさん、紅葉狩り!「さすが紅葉の名所だけのことはある!」「あなた、本当にきれいでしたねえ!秋になると、どうしてあんなに美しく輝くのでしょうか!」「散りゆく前に一花咲かせたいのだろう・・・」「あなたも散り際に輝いては・・頭ではなく・・」「その言葉には棘があるなあ・・」「あら、美しい花には棘があるって・・・」「その美しい花も散ってしまい、棘だけが残っている・・・・」

  落ちた枯葉でも、地面を様々な色で彩ります。日本では枯れ葉にも「朽葉色」という風流な色名を付けており、この色は、黄染に浅い紅花染を施した赤みがかった褐色で、平安時代からの伝統色です。色調によって「赤朽葉」「黄朽葉」「青朽葉」「濃朽葉」「淡朽葉」と呼び分けていて、色に対する日本人の感性はとても繊細です
紅葉の色では、和色に「紅葉色」という色がありますが、「朱色」か「深紅」の方が自然の色に近いようです。しかしながら、自然の色は、天候や陽の光の当たり具合によって様々に変化します。透明水彩画で紅葉を朱色で描くと、透明感が失われ暗くなりがちですので、明るい部分には「ブリリアントオレンジ」などの色を使っています。

  「このもよりかのも色こき紅葉哉」 与謝蕪村は紅葉がとても好きだったようで、「この紅葉綺麗だ、あっちの紅葉の方が綺麗だ」という高揚感がよくわかります。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.11.29(Wed) 14:24] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 立冬 

2017年11月07日 ()
  11月7日は二十四節気の「立冬」です。初めて冬の気配が現われてくる日で、「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。暦便覧では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と記されており、朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、冬が近いことを感じさせる頃です。この日から立春の前日までが冬となり、寒く厳しい冬始まりです。

  今日の水彩画は、「深山の紅葉」です。人里離れた山並みに紅葉の季節が訪れました。ダケカンバ、カツラ、ナナカマド、ケヤキなどが黄色や赤、オレンジに染まり、頂きから稜線に沿って山肌を流れ下ります。まさに山粧う(やまよそおう)です。
17-11-07.jpg
   
  我が家の畑で立冬の今頃とれる野菜には、白菜、大根、キャベツ、里芋、サツマイモなどがあります。中国には「立冬補冬、補嘴空」という言葉があり、「補」は食物で体調を補うことをいい、「立冬には旬の食材を温かくして食べ、栄養を摂り、体調を整える」ということで、冬を迎えるにあたって、昔の人は栄養を補給していたのでしょう。

  おとうさん、立冬!「寒いはずだ~立冬だ!こうなったら炬燵に入って熱燗で一杯だな・・・」「お炬燵なんて早い!だいたい、今から炬燵に入ったら冬ごもりの熊になります!」「江戸の昔から炬燵開きは 亥の月の亥の日と決まっている、ことしの暦では・・・と、11月8日、今日だ!炬燵は頭寒足熱という東洋医学にかない、暖房費の節約にも!」「あなたは、炬燵に入って頭が寒いといって、エアコンをつけるじゃありませんか!」「・・それは頭熱足熱という西洋医学の・・・」
   
   北の国から雪の便りが届き、都心では木枯らし一号が吹き荒れました。凩(こがらし)という字のように、木枯しは木を裸にする風です。紅葉という艶やかな装いを身に着けた木々も、やがて色褪せ、木枯しによって枯れ葉を落とし裸木になっていきます。いったい誰のためにあんなに美しく秋の装いをし、その後に、なぜ木枯しによっていとも簡単に葉を落とすのでしょうか・・・。すべては、春に蘇る新しい命のためなのです。枯れ木のようになった木々のなかでは、翌春に新芽を芽吹かせるための準備が始まっているのです。

  「こがらしや頬腫痛む人の顔」とは芭蕉の俳句です。木枯しが吹き、寒さの厳しい通りを、頬を腫らした風邪っ引きが歩いていく・・・・。お多福風邪でも流行っていたのでしょうか、寒い木枯らしが、いっそう寒く感じるような句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.11.07(Tue) 21:11] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 霜降 

2017年10月25日 ()
  10月23日は二十四節気の霜降(そうこう)にあたります。露が冷気によって霜となって降り始めるころです。暦便覧では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と記されています。楓や蔦が紅葉し始めるころで、朝晩の冷え込みが厳しくなり、この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼びます。

  今日の水彩画は、「佐渡の荒海」です。先日新潟の田舎にいった足で、佐渡に行ってきました。秋雨の続く中、束の間の晴れ間に荒れる佐渡の海は、陽ざしに輝いていました。幾万年の間、絶え間なく打ち寄せる荒波に、岩礁が挑むように立ちはだかり、波を打ち砕き続けています。
17-10-25.jpg

  半世紀ぶりに訪れた佐渡でしたが、歴史と文化の奥深さに改めて驚かされました。北前船や多くの配流者たちによって伝えられたことが、佐渡特有の文化となって、今まで継承されています。たとえば、世阿弥が配流されたことで能が広まり、江戸時代には200を超える能舞台があり、今でも32余りの能舞台が残されて(人口当たりの能舞台数は江戸時代も今も日本一)、薪能などが催されているそうです。
 佐渡といえば金山ですが、佐渡で金鉱が発見されたのは1601年で、江戸幕府は天領として相川に奉行所を置き統治しました。国内一の産出量を誇った佐渡金山でしたが、江戸時代の終わりごろから産出量が減り、1951年に採掘は終了しました。今では、残された多くの史跡や博物館等で当時の様子を知ることができます。

  おとうさん、佐渡!「佐渡といえば金山だあ~」「あなた、やめてください。歩きながら石ころをポケットに詰め込むのは!」「だって金が含まれているかも・・・」「あなた、たとえ金鉱石だったとしても、含有量は鉱石1トンあたり100グラム以下だそうですよ」「1トンはポケットに入らないかあ・・・」「・・・あなたボケてない?」

  初霜の知らせが聞かれるのも今頃です。霜が降りるには、その周辺の温度が0℃以下であることが条件ですが、予報で発表される気温は地上から1.5mの高さの気温なので、3℃としても地表の温度は0℃以下になっていることもあります。予報で最低気温が3~4℃であったら、畑の霜対策はしておいた方がよさそうです。

  「手にとらば消ん涙ぞ熱き秋の霜」とは芭蕉の「野ざらし紀行」の中で詠まれている句です。実家に帰ると母親はすでに亡くなっており、「手にとったならばきえてしまいそうだ、母を慕う涙は熱く、白い遺髪は秋の霜のようだ・・・」。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.10.25(Wed) 16:52] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード