TOP > CATEGORY > 自然環境
TOP | NEXT

リストマーク 梅雨明けの暑さ 

2017年07月22日 ()
  首都圏では雨不足、九州では豪雨をもたらした今年のおかしな梅雨が明けました。明ける前から酷暑が続いていて、とにかく暑いです。7月23日は二十四節気の大暑を迎えますが、大暑とは最も暑い頃という意味です。暦便覧には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されていて、いよいよ本格的な夏の到来となります。

  暑いなかでの今日の水彩画は、少し涼しく「夏の朝の渚」です。夏の陽を浴びながら砂浜に打ち寄せる波が、小さく砕けて砂浜を洗います。太古の昔から波を打ち寄せ、命を育んできた海、波の音が数十億年の歳月を語り続けているようです。
17-07-22.jpg

  17日は海の日でした。海の日は1995年に制定され、祝日法には、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と少々難しく書かれています。およそ30億年まえの海に生命が誕生したといわれています。人間の血液の塩分濃度は0.9%ですが、太古の海で脊椎動物が誕生したころの海水の塩分濃度と同じといわれ、人間の祖先が海の生物であった証拠と考えられています。「我は海の子」なのです。

おとうさん、大暑!「暑い!暑い!ちょっと動いたらもう汗だく、夏の畑仕事はいやだなあ、やっぱり夏より冬がいいなあ・・・」「あら、あなた、冬の畑では、俺は冬が嫌いだ、暑い夏の畑で汗をかくほうがいい、って言っていませんでした?」「半年も前のことだ、覚えていない!忘れた!暑さのせいだ!」「物忘れや意識混濁?あなた、熱中症の症状かも?」「・・・うぅ~暑い、寒い冬がいい・・・」

  夏の土用が大暑の数日前から始まっています。夏の土用の食べ物といえば「土用の丑の日のうなぎ」が有名ですが、「大暑の日はてんぷらの日」というのはご存知でしたか?土用の丑の日、8月29日の焼肉の日と並んで、「大暑の天ぷらの日」は「夏バテ防止三大食べ物記念日」?とされているそうです。誰が決めたか不明ですが、恐らく決めたのは、天ぷら屋さんか焼肉屋さんに決まっています。「土用の丑の日はウナギ」と決めたのは平賀源内だというのは知っていますか?ウナギの旬は冬ですから、夏のウナギはまずくて売れない!そこでウナギ屋に入れ知恵したのが源内先生というわけなのです!いずれも栄養豊富、夏を乗り切るにはいいかもしれません。

  「暑き日を海にいれたり最上川」とは芭蕉の句です。最上川の沖合いを見ると、まさに真っ赤な太陽が沈もうとしている。そのさまは、一日の暑さをすべて海に流し込んでいるようだ・・・、豪快な句ですが、あまり涼しさは感じません。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.07.22(Sat) 07:37] 自然環境Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 五月の台風 

2015年05月15日 ()
  今週の前半、季節外れの台風6号が日本を襲いました。幸い温帯性低気圧になりましたが、各地に大雨と強風をもたらしました。次の台風7号が発生しており、5月までの台風の数は観測史上2番目の多さといわれています。
 今年は台風の当たり年になりそうな様子ですが、偏西風と海水温が影響しているようです。偏西風が例年よりも北側に偏り、秋のような気圧配置のため、台風が日本列島に近づきやすくなっており、さらに、赤道付近の海域の海水温が高く、フィリピン東方海上で台風が出来やすい状況になっているそうです。

  さて、今日の水彩画は「陽光が射しこむ木もれびの森」です。森の向こうに昇る朝陽が木もれびの森に射しこみ、新緑の木々を照らし出します。新葉を広げたばかりの木々に陽があたると、陽が通り抜けた葉が影絵のように陽射しの中に浮びあがります。葉脈が透けて見え、木の命の息吹が聞こえてくるようです。
15-05-15.jpg

  作物の苗を植え、種を蒔いたばかりの農家にとって、季節外れの台風による大雨や強風は、甚大な被害をもたらしかねません。我が家の菜園でも、あわてて、トマトやキュウリ、ナスビの苗を、風で折れないように、支柱にしっかりと吸引し、植えたばかりのスイカの苗を不織布で覆いました。雨が少なく、干ばつのような5月初旬でしたから、雨は恵みの雨になりそうでしたが、強風はまだ弱い苗にとっては大敵です。
 昨年の台風による農作物の被害は全国で49億円といわれ、台風の通過地域に被害が集中することを考えると、大変な金額です。三河地方の東田神明宮には、「水伏(みなぶ)せ」という舞を奉納する儀式があるそうです。台風被害から地域を守ることを祈願するもので、「雨よ降るな、台風よ来るな」と祈りを込めて舞うのだそうです。

  おとうさん台風が!「あなた~、苗が強風で倒れないようにしてくださいな!」「なあに、季節外れの台風だ、衰えるさ!心配無用!」「あなたと違って、すぐには衰えませんよ!早くしてください!」「はいはい!ナスにキュウリ、トマトの苗、スイカの苗もとっ!それにしても、うちのカミサンは強い勢力を保ったままだなあ・・ふう~」

  温暖化の影響なのか海面温度が高くなっている近年、気象が激甚化しており、急速に発達する爆弾低気圧や最大風速が70mを超えるスーパー台風などが頻発する恐れがあるという。自然の脅威から逃れることはできませんが、被害を最小限にする備えは整えられます。万全の備えをしたうえで、無事に過ぎ去ることを祈ることしかできません。「大いなるものが 過ぎゆく 野分かな」虚子の句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2015.05.15(Fri) 19:12] 自然環境Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ブナの森の岩魚 

2013年10月23日 ()
 奥会津只見の「恵みの森」は、自然・水環境を守る保護林「郷土の森」に指定された国有林です。山菜やキノコ、イワナなどをもたらしてくれる恵みの森ですが、ブナの森を守る地元の人たち以外は、動植物は採取できません。ここを訪れる人たちは自然を壊さずに、原生林や渓流をそっとのぞいていきます。

 今日の水彩画はまたまた「恵みの森」です。沢をジャブジャブと登っていくと、大岩があらわれ、岩の上には大木が根を張り、高みから流れを見下ろしています。大岩の影から流れ込んだ清流が小さな淀みを作り、澄んだ川底まで陽が届き底の砂を黄金色に照らします。光る水面を透かしてみると、イワナが流れに逆らって獲物を待ち構えているのが見えます。水の透明感を出すには、透明水彩絵具がいいですね。
13-10-22.jpg

 岩魚(イワナ)はサケ科の魚で、氷河期の寒冷な気候の時代には、サケと同じように幼魚で海に下り成長して川を上る魚(降海型というそうです)であったようです。冷水を好むイワナは、温暖化した海に馴染めず、海に下らず冷たい山奥の渓流で一生を過ごす魚になりました。ヤマメなどよりさらに上流に棲み、他の魚などとのつながりがなく、それぞれの地域で独自に変化していったとされています。
 山奥の厳しい環境に棲むイワナは、近年、開発による環境破壊、外来種や他亜種との競争、釣りマニアによる乱獲などで、その生存が危ぶまれているそうです。やはり、ブナの森や渓流は、壊さず、獲らず、汚さずにそっとのぞくだけにしましょう。

 おとうさん、香ばしいにおい・・。「だろう!イワナといえば骨酒だな!焼き方にコツがあって、ワタを取り、塩をして置いたあと、遠火でじっくりと焦げ目がつくほど時間をかけて焼く!こうすると川魚の生臭みが消える!ウッシッシ・・・これをコップに丸ごと入れて、熱々の熱燗の酒を、酒は大吟醸がいい、注ぎ・・と!グイッと・・いい味がしみ出ていて実に旨い・・ああ熱燗が腹に浸み込む・・」そんなに呑んで大丈夫ですか?「イワナ一尾で二~三合ってとこかな・・でもかみさんには内緒だよ、イワナいで・・ウィッ・・骨酒はやはりうまいイワナあ・・」熱燗でも駄洒落が寒くてあつかんわ!

 イワナは肉食性で、プランクトン、水に棲む昆虫、他の小魚、木から落下する虫、その他の水底の小動物などを食べていますが、厳しい環境では、何でも食べる悪食の魚ともいわれています。ヘビやカエルを食べるケモノのようなイワナもいるそうです。サケ科の魚ですから、イワナの卵はイクラに似た卵ですが、色はイクラと違って黄金色をしているそうです。イワナの子がね(黄金)イクラ?値段はイワナいほうが・・!

 では、また次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2013.10.23(Wed) 15:03] 自然環境Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 水と命 

2013年07月31日 ()
 7月も終わり、8月に入ると早くも立秋となります。今年の7月は、前半は猛暑が続き、後半は大雨でした。各地で記録的な大雨となり、洪水やがけ崩れの被害が出たところもありました。地球上の水の総量の97.5%は海水(塩水)といわれるなかで、雨水は天から降ってくるありがたい真水なのですが、多すぎても困りますね。
 今日の水彩画は、涼しさを感じる渓谷の風景「夏の道志川」です。深い谷を流れる水は、大きな岩に流れを遮られるたびに小さな滝をつくり、滝から流れ落ちたさきの小さな淀みでひと休みです。降りそそぐ夏の日が、子供達や小魚の水遊びのために冷たい水を温めています。大きな岩石が個性的な表情で流れに寝そべっています。
13-07-30.jpg

 生命にとって欠かすことのできない淡水ですが、地球上では水の総量の0.01%が川、池や湖に液体として存在しているにすぎません。しかし、毎年40兆トンの海水が太陽に暖められ蒸発して雲を作り、雨や雪となって陸地に降りそそぎ、また、陸から蒸発した75兆トンの水が蒸発して雲となり、もう一度雨や雪として地上に戻ってきます。この水の循環によって、地球上の生き物が生きているといえます。

 おとうさん、暑いからといって、そんなにビールばかり飲んでいては・・・「暑いから水分補給だよ!人間の体の70%は水で、木や草なんぞは70~90%が水なのだそうだ。命の水だよ、お酒は!」おとうさん、ビールは利尿作用があるから、体から水分が抜けていきますよ。呑んだお酒の倍の量の水を飲まなくては水分補給にならないといわれていますよ!「それじゃ、酒が薄くなっちまう・・・・そんなことより、暑いからひと雨ほしいね、龍神様に雨乞いだな・・・・」。あなた!いつまで呑んでいるのですか! 「ひゃ~!うちの雷神のお出ましじゃ、逃げろっ!」

 今日の水彩画に出てくる道志川は、横浜市の水道の水源でもあります。山梨県道志村は降雨量が多く、豊かな森林に育まれたその水質は極めて良好で、横浜に寄港する世界の船乗りたちに「赤道を超えても腐らない水」と賞賛されました。
 明治30年に道志川から取水を始めた横浜は、大正5年に「水道の源泉を守る100年の体系を樹立する」として、山林約2,800ヘクタールの道志水源涵養林を取得し、道志村の人々の協力を得て、まさに百年の間、森林の保護・育成に努めてきました。
 水源涵養林の育成は、限りある水資源を最大限かつ効率的に活用する上で、最も自然の摂取にかなった方法とされ、生き物にとっても非常に重要なことといわれています。樹木の生育は数十年が1サイクル、長い年月とたくさんの人々の地味な努力が、横浜の水を、そして森に生きる生き物の命を守ってきたのです。

 では、また次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2013.07.31(Wed) 14:10] 自然環境Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 紫外線 

2013年07月24日 ()
 23日は「大暑」でした。暑い日が続いていましたが、このところ曇りがちで、湿度は高いものの少し涼しくなりました。でも、大雨に注意!この時期、北に残っている梅雨前線に南から暑くて湿った気流が流れ込み、発達した積乱雲をつくり集中豪雨をもたらします。地球温暖化のせいでしょうか、気象現象が過激になっているようです。
 今日の水彩画は、強い夏の陽射しを浴びて白く輝く「木もれびの森のミズキ」です。手をかざして日差しを遮るように枝を伸ばし、幹に葉の影を映し日陰を作っています。
13-07-24.jpg

 子供たちの夏休みが始まりました。強い日差しをものともせず外を走り回り、真っ黒に日焼けした肌は、夏休みを元気に過ごした子供の勲章みたいなものでした。ところが最近は、紫外線による皮膚や目、免疫系への影響が指摘され、子供の頃から日に当たり過ぎないようにするのだそうです。
 紫外線は、光のスペクトルで可視光線(虹の七色)の紫(Violet)よりも外側になるので、紫を超えた光線「紫外線(UltraViolet:UV)」と呼ばれています。肌の「日焼け」は、紫外線に当たると皮膚に茶色のメラニンを分泌して、それ以上の紫外線の侵入を防ぐ生体の防御反応だそうです。

 ぷっ!おとうさん、どうしました昼間から女装?白粉塗ってサングラス?そういう趣味があるとはねえ・・・・「ちがう!日焼け止めを塗って、目にはサングラスでUVカットだよ」。おや、そうですか。でも地黒のおとうさんの肌は十分防御されていると思いますが・・・日焼け止めはいらない・・それに気持ちワル!「そうか、かみさんも気持ちワルイのか近づいてこない!立派なDV防御策じゃ・・・・」。UV策じゃなかったの?

 紫外線は悪影響だけではなく、有用な作用も多くあります。殺菌消毒、ビタミンDの合成、血行や新陳代謝の促進、皮膚抵抗力の増加などです。人類は肌の色を変えて見事に紫外線の影響に適応しました。紫外線が強い南の人は過剰に紫外線が吸収されないように褐色の肌を、日照時間が短い北に棲む人は紫外線が良く吸収されるように透き通るような白い肌を持ちました。見事な環境対応の結果である肌の色の違いが、差別の目印になるとは・・。神様もそこまで気が付かなかったのでしょうね。

 植物にも、日当たりと日陰とで差があります。同じ木の中の葉っぱでも、日陰の葉(陰葉)と日向の葉(陽葉)とでは、葉の厚みや葉の大きさが違います。光合成が有利になるように対応しているのです。人類を含めた自然の生命の環境に対する対応は見事としかいいようがありません。お天道様のおかげで生きている・・・・。

 それでは、また次回の水彩画をお楽しみに・・・・・ サム ヤマモト
[2013.07.24(Wed) 14:29] 自然環境Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード