TOP > CATEGORY > 季節
TOP | NEXT

リストマーク 虹始見 

2018年04月18日 ()
  4月15日から七十二候では、二十四節気の清明の末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」で、春の雨上がりに空に初めて虹がかかる頃となります。春になり冬の乾燥した空気から、潤いがたっぷりの空気に変わり、雪が雨に変わり、地面もしっとりと潤い、花が咲き乱れ新緑が溢れる季節なのです。

  今日の水彩画は、「木もれびの森の枝垂桜」です。今年は、木もれびの森の枝垂桜の開花も早く、隣の山桜が散る前に満開となりました。森の広場の枝垂桜、木の陰からようやく朝陽が差し込んでくると、薄桃色の大きな髪飾りと柔らかなドレスを身にまとった女神のように、春の喜びを舞踊ります。
18-04-18.jpg

  枝垂桜は早咲きのものと遅咲きのものとがあるようで、一重より八重の桜が遅いようです。長い枝を垂れ下げ、その先端にたくさん花をつける桜ですが、なぜ枝が垂れるのでしょうか。ふつうの植物の枝は強さと太さがあり、陽に向かって上に伸び続けます。しかし枝垂桜は、枝が細く重力に逆らえずに、下に垂れてしまうようです。

  虹とは、赤から紫までの光のスペクトルが並んだ、空に浮かぶ円弧状の光の帯です。陽の光が空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて、色の帯が見える現象です。現在では、虹の色の数は7色とされていますが、物理学的には無限の色があると見るのが正しいようです。

  おとうさん、初虹!「おお虹だ!お~い、見てごらん春の虹だ!」「あら、美しいじゃありませんか!虹が出ると雨が上がったってことよね!あなた、畑!今どきの雨は穀雨といって、畑には恵みの雨、作物が育ちますよ!」「あぁ・・あの虹のかなたに希望を見たのに・・・」「虹はすぐに消えますよ!畑、畑!」「あぁ~酷う・・・」

  虹色を7色と定めたのは、英国の物理学者ニュートンだそうです。当時の英国では虹の色は赤黄緑青紫の5色と考えられていましたが、ニュートンはオレンジ色と水色を加えて7色としました。ニュートンは虹色が無限にあることを知っていましたが、当時は7が神聖な数とされていたようです。昔は日本でも5色とされていましたし、今でも国によって色の数が違うようで、虹色の数は科学ではなく、文化の問題のようです。

  「初虹もわかば盛りやしなの山」 一茶の句ですが、めずらしく自然の風景を素直に詠んでいます。「虹」は夏の季語ですが、「初虹」となると春の季語となります。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.04.18(Wed) 10:52] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 魚上氷 

2018年02月16日 ()
今ごろは、七十二候の「立春」の末候「魚上氷(うおこおりにのぼる)」にあたります。「魚上氷」とは、温かくなって水の中の魚が氷の間からでてくるという意味です。ぽかぽか陽気でいよいよ春が来たかと思えば、翌日は真冬の気温に逆戻り、気温変化が激しいこの頃ですが、それでも陽ざしが強くなっていることから、春が近づいていることが体感できます。

  今日の水彩画は、「深山に歩み寄る春の兆し」です。雪に閉じ込められた深山にも、ようやく春めいた陽光が注ぎます。雪の重みに耐えてきた木々は、ほっとしたように肩に積もった雪を振り落とします。枯れずに残った緑の葉がやがて来る萌の季節を予感させ、草木を元気づけます。
18-02-16.jpg

  立春の七十二候は、初候が「東風解凍」、次候は「黄鶯睍睆」、そして末候は「魚上氷」で、春を告げるものばかりです。「東風解凍」は春を呼ぶ東風、「黄鶯睍睆」ではウグイスが春を告げ、「魚上氷」での春を告げる魚は「にしん」です。
春告げ鳥である「鶯(うぐいす)」は、「梅に鶯」と唄われるように、梅につきものですが、でも、梅の花に寄って来て蜜を吸うのは「うぐいす」ではなく「メジロ」です。それでは、「梅に鶯」とは・・・梅は春を待つ人々に咲きかけ、春告鳥とも言われるウグイスは春の訪れを歌い共に親しまれてきました。この二者を取り合わせることはこの上もなく春の訪れを盛り上げてくれます。取り合わせのよいもの、よく似合って調和しているもののたとえとして使われたことばなのです。
  
  おとうさん、春!「あなた!もう雪も融けたし、畑作業をしてくださいな!」「お~寒い!畑は凍っている!まだまだ炬燵で冬ごもり!」「なにを言っているんです!来週は雨水、昔から農作業の準備を始める目安です!」「畑に行くかぁ~」「あなた、熊に注意!あちらさんも冬ごもりから抜け出す頃ですよ!」「ひゃあ~、助けて!」

 古来より、日本人は、待ちわびていた春が来たことを、風や、鳥の鳴き声や魚で感じてきたのです。自然と共に生きていたからこそ、春の到来をいたるところから感じる感性が磨かれたのでしょう。

  「鶯の 覚束なくも 初音哉」 正岡子規の句です。覚束(おぼつか)なくも」とは、「たよりない、心もとない」という意味で、はじめて鳴く鶯ですから、頼りなさげに聞こえるのでしょう。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

相模原市民ギャラリーで開催された個展は、盛況の内に無事終了いたしました。個展においでくださいました皆様、いろいろとご支援いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
来年も開催する予定です。 サム ヤマモト
[2018.02.16(Fri) 16:08] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 水泉動 

2018年01月12日 ()
  七十二候では、1月10日から1月14日頃は「水泉動く(すいせんうごく)」となります。つまり地中で凍っていた泉が動き始める頃で、かすかな暖かさを感じる時期なのです。とはいうものの、昨日頃から、この冬最大級の寒波襲来ということで、日本列島が寒波に包まれ、日本海側では大雪が降っています。この寒さでは、「水泉動」で動き始める泉の水も凍り付いてしまいそうです。

  今日の水彩画は、「冬の海の日の出」です。毎年、正月には先祖のお墓に初詣と、近くの海岸で初日の出参りをするのが習わしになっています。東の海が明るくなり、やがて陽が顔を覗かせると、海面が黄金色に眩しく輝き、荒磯の波と岩々が赤く染まります。寒さに凍る顔を陽に向けると、命を育む陽の温もりを感じます。
18-01-12.jpg

  初日の出を拝む習慣は、日本古来のもののようで、もともとは、天皇の元旦の儀式である「四方拝」が始まりのようです。これが、行事として庶民の間に広まったのは、明治以降といわれています。

  先人たちが、一年で最も寒い時期に 水泉動くとし「地中では陽気が生じ,氷った水が少しずつ動き始める」としたのは、目には見えないけれど,寒さの極みは暖かさへの準備や期待でもあると言いたかったのでしょう。19世紀のイギリスの詩人による「冬来たりなば 春遠からじ」も、似たような感覚なのでしょう。

  おとうさん、最強の冬将軍来襲!「ううぅ~寒い!こんな日は炬燵で熱燗、肴は炙った氷下魚(こまい)がいい~♪」「あなた!大雪と戦っている人がいるというのにぬくぬくと・・・」「氷下魚はいまが旬、冬の海氷の下でも凍らない寒さに強い魚だ!」「氷下魚は値が高いですからメザシにしました!」「・・・まあいいか!こまいはなしにして、メザシで今年も寒さに強い体をめざす!」「あら、こちらはてんてこ舞い!」

  先日、今年初めての畑作業に行ってきました。早い野菜は3月には苗を植え始めることから、いまから準備をして堆肥などを運び込んでおくのです。堆肥の山を掘ると、発酵熱で暖かく湯気が立ちます。堆肥の下ではもう春が待ち構えていました。

  「いくたびも 雪の深さを 尋ねけり」 正岡子規の俳句です。病床にある子規が外で降っている大雪の降り積もった深さを幾度も家の人に訪ねるというものです。心楽しいはずの雪ですが、起き上がって見ることのできないもどかしさが感じられます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム・ヤマモト
[2018.01.12(Fri) 16:01] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 正月と小寒 

2018年01月07日 ()
  遅れましたが、明けましておめでとうございます。皆様良いお年をお迎えのことと思います。今年もよろしくお願いいたします。
三が日はとてもいいお天気で、穏やかなお正月でした。1月5日は二十四節気の23番目の「小寒」にあたり、この日から立春の前日までを「寒中」といい、暦の上では寒さが一番厳しい時期となります。暦便覧には、「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と記されています。

  今年最初の水彩画は、おめでたく「花咲か爺の森」です。枯れ木ばかりの「木もれびの森」に冬の柔らかな陽が差し込むと、枯れ枝に残った枯れ葉がキラキラと輝き、まるで、花咲か爺が枯れ木に花を咲かせたように、森が黄金色に染まります。
18-01-06.jpg

  「寒の入り」から、四日目を「寒四郎」といい、この日が晴れると麦がよくできるといわれました。また九日目を「寒九」といい、寒九の雨は豊年の前兆といわれました。気候予測などなかった昔の人にとって、何かの前兆や言い伝えを通して、その年の農作物が豊かに実ることを願うことしか出来なかったのでしょう。
気象衛星やスパコンの活用で、気象現象の予測や予知ができるようになってきた現代でも、農作物の出来はお天道様次第、今年も野菜作りを頑張ろうとしている晴耕雨描の画家にとって、天候のゆくえはお天道様や神仏に祈るばかりです。

  おとうさん、寒の入り!「寒に入ったかぁ~寒いわけだ、」「あなた、寒い寒いといって炬燵に籠っていないで、たまには寒さに身をさらないと体に毒ですよ!」「寒くて風邪をひいてしまう!」「寒晒しや寒干しのように、この時期に寒さに晒すと味が出るといいます!あなたもそろそろ味を出したら!」「ひゃ~止めてくれ!おれは寒干し大根や寒干鮭じゃないんだから、干したり晒したりしても、もう味は出ない!」

  寒九の日に汲んだ水「寒九の水」は薬になるとされました。この時期に汲んだ水は、雑菌の繁殖が抑えられ、質がよく腐りにくいことから、水の質が味に影響する酒造りでは、寒の水を使った酒は味がよいと云われ、寒の時期は酒造りの最盛期となるようです。「寒九の水」を汲みに行く観光ツアーもあるそうです。

  「乾鮭も空也の痩も寒の中(からざけも くうやのやせも かんのうち)」とは芭蕉の句です。乾鮭は干されて痩せ細っている鮭、空也は空也僧のことで、寒中修業で痩せ細り、念仏を唱え歩き回る・・・、痩せには寒の寒さが身に染みるようです。

  では、今年も週一枚の水彩画を描いていきます、お楽しみに・・・サム ヤマモト
[2018.01.07(Sun) 12:02] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 大雪 

2017年12月08日 ()
   12月7日は二十四節気の大雪(たいせつ)。寒さが強まり、山だけではなく、平地でも雪が降り積もるころです。今年は冬の訪れが早く、すでに、北日本を中心にこの時期としてはたくさんの雪が降り積もっています。暦便覧では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と記されています。

  今日の水彩画は、「石垣のある晩秋の川辺」です。前回に続いて、香嵐渓の紅葉です。晩秋の陽を浴びて、川辺の石垣が白く光り、石垣の上のモミジを輝かせます。ザワザワと流れる川の水が澱むと、木々が秋の装いを水面に映してみせます。
17-12-08.jpg

  七十二候では大雪の初候にあたり、「閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる)」すなわち、天地の気が塞がって冬となることを意味します。本格的な冬を迎えて、鰤(ブリ)などの冬の魚が登場したり、南天の実が赤く色付いたりし、一方で熊などの動物は長い冬眠に入ります。
 雪を降らす代表的な気圧配置は、シベリアに高気圧、北海道東方海上やアリューシャン方面に低気圧がある西高東低の気圧配置です。シベリアの高気圧は地表面が冷やされてできたもので、この高気圧から低気圧に向かって北西の季節風が吹き込みます。季節風が強く吹くときは、日本海側は雪、太平洋側は晴れて乾燥することが多くなるのです。

  おとうさん、大雪!「もう大雪(たいせつ)だあ!今日は平野部でも雪が降るかも!」「あなた、畑の大根が凍らないように埋めてくださいな!」「おいおい、こんな日に畑仕事したら凍ってしまうよ!」「あなたはまだ凍りませんよ!それより大根が!」「大根のほうが大切(たいせつ)か?」「ですから大雪(たいせつ)ですから大根を・・」

  三好達治の「測量船」に「雪」という詞があります・・・・「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ、次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ」・・・雪は深く、人は雪の下に埋もれて暮らしていて、その家に横たわって深く眠っています、物音をものみな吸い取って雪は なお降りつもっています。太郎と次郎を眠らせているのは お母さんではなく、静かに積もる雪なのです。
 
  「是がまあつひの栖か雪五尺」とは小林一茶の俳句です。長い間継母と争い、最後に自分の終いの住み家となった家が、雪に埋もれているのを見て詠んだ句です。雪五尺(およそ1.5m)は、一茶の郷里の奥信濃では当たり前の雪の量です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.12.08(Fri) 16:00] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード