TOP > CATEGORY > 季節
TOP | NEXT

リストマーク 立秋 

2017年08月04日 ()
  今年は8月7日が立秋です。二十四節気の13番目、猛暑が続く日々の中で、初めて秋の気配が現れてくる頃なのです。暦便覧では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と記されていて、古今和歌集には、「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」と詠われています。この日から立冬の前日までが「秋」とされています。もう秋です、歳を取ると月日が経つのが早く感じられます・・・・。

  今日の水彩画は、「生い茂る夏の森」です。森に夏の朝陽が昇ると、生い茂る木々の葉が暑さを遮るように道をふさぎます。森の奥からは、涼しい風にのって目覚めた妖精たちが駆け出してくるようです。
17-08-04.jpg

  立秋から12日頃までは、七十二候の「涼風至(すずかぜいたる)」にあたります。涼風至とは、夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃という意味で、夕方頃に鳴く虫たちの音色も涼しさを演出してくれます。しかしながら、日中の陽射しは強いままで、油断は禁物、まだまだ熱中症には注意が必要です。

  日本の夏は気温と湿度が高く、暑さを和らげるための工夫が古くから行われてきました。その一つに「打ち水」があります。打ち水の始まりは、戦国から安土桃山時代の「茶の湯」にあるといわれます。江戸時代になると、打ち水は「武士町や四角四面に水を蒔く(小林一茶)」などと俳句に詠まれ、浮世絵にも描かれるようになり、涼を取る手段として一般的になったと考えられています。現代に入ると、扇風機やクーラーなどの普及とともに、打ち水は徐々に姿を消していきましたが、平成に入り、大都市の都市熱を下げる社会実験として打ち水が行われたのをきっかけに、各地で真夏のイベントとして「打ち水大作戦」が行われるようになりました。

  おとうさん、暑いです!「あなた~、猫と一緒に涼しいところでごろごろしていないで、庭に打ち水をしてくださいな!」「打ち水!少しは涼しくなるか~」「あなた!日向に水をまいても蒸し暑くなるだけです、日陰に!それに水道水じゃもったいない、風呂の残り湯か台所のすすぎ水を使って・・・」「はいはい、打ち水ひとつで、よくもまあ・・・たくさんの注文が付くものだ!これって水掛け論?まあ水入りかな・・」

  「ひやひやと壁をふまえて昼寝哉」とは芭蕉の俳句ですが、我が家のクロネコは、いくらかでも涼しい場所を探してはごろごろしています。ネコのみならず、壁に背や足をすりつけ、少しでも涼をとって昼寝をしたい暑さです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.08.04(Fri) 17:11] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 小暑 

2017年07月06日 ()
  七夕の7月7日は二十四節気の小暑(しょうしょ)にあたります。暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきます。暦便覧には「大暑来れる前なればなり」と簡単に記されています。九州北部の豪雨では大きな被害が出ているようですが、災害にあわれた人たちの無事を心から祈ります。梅雨の終わる今頃は、集中豪雨が多く発生する時季なのです。

  今日の水彩画は、「夏の光の中の流れ」です。谷の向こうから強い夏の陽ざしが注ぐと、溢れるような光を川面に浮かべて川が流れます。川に差し込む光が川底に届き、照らし出された石がさざ波の影とともに揺れ動きます。
17-07-06.jpg

  7月7日は七夕です。七夕の由来は中国から伝わった織姫と彦星の伝説が有名ですが、古い日本では「棚機(たなばた)」と呼ばれ、禊(みそぎ)の行事だったようです。若い女性が着物を織って棚にそなえ、神さまに秋の豊作を祈り、けがれをはらうというものでした。女性は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、神さまのために着物を織りますが、この織り機が「棚機(たなばた)」でした。やがて仏教の伝来とともに、この行事はお盆を迎える準備として七日の夜(夕)に行われるようになり、「七夕」という文字で「たなばた」と呼ばれるようになったといわれています。

  おとうさん、七夕。「七夕ねぇ・・、子供の頃は短冊に願いごとを書いたものだ!」「あなた~、畑の里芋の土寄せしてくれましたかぁ~」「おお~それだ!昔は、里芋の葉に溜まった露を集めて墨をすり、その墨で短冊に書いて習い事の上達を願ったそうだ!」「ですから、里芋の葉じゃなくて、追い肥と土寄せ!」「はい、はい・・では里芋の豊作を願って土寄せ・・一年に一度の出会いの彦星がうらやましい・・・・」

  7月に入ると、さまざまな夏の花が咲き始めます。そのひとつに「朝顔」があります。「朝顔」は奈良時代に遣唐使が種を薬として持ち帰りましたが、その後観賞用として栽培され、今では千種類以上の品種があるといわれます。東京の鬼子母神界隈では、毎年「小暑」のころに「朝顔市」が催されます。始まりは江戸時代後期で、朝顔の栽培が盛んだったことと花の美しさから今に続いているようです。

  「朝顔は 酒盛知らぬ 盛り哉(あさがおは さかもりしらぬ さかりかな)」とは芭蕉の俳句です。夜を徹しての酒盛り、ふと見ると大輪の朝顔が咲いている、知らぬ間に夜が明けた、ということでしょうか。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.07.06(Thu) 15:40] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 小満 

2017年05月20日 ()
  5月21日頃からは二十四節気の「小満」にあたります。万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。陽気が良くなり、ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始めます。暦便覧には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。走り梅雨が見られるころで、田植えの準備を始める頃でもあります。秋に種を蒔いた麦の穂が育ち、ひと安心(小さな満足)することから小満という、との説もあります。

  今日の水彩画は、「老いたイヌシデの若葉」です。木もれびの森のイヌシデの老木にも、つやつやの若葉たちが生い茂り、若い命が輝きます。ねじれた幹に刻まれた深い皺とムロが長い歳月を物語るイヌシデに、朝陽と若葉たちが元気を届けます。
17-05-20.jpg

  今ごろの食べ物に、粽(ちまき)があります。我が家でも作りますが、もち米などを笹の葉で三角形に巻いて、蒸した食べ物です。日本には平安の頃に中国から入ってきたといわれています。こうした粽は、東南アジアの各国でも見られ、日本でも地方によっていろいろな粽があるようです。
 先日も鹿児島出身の友人から、あくまき(灰汁巻き)をいただきました。あくまきは、ひと晩灰汁に漬け込んだ餅米を竹の皮で包み、灰汁(あく汁)で煮たもので、独特の風味と食感を持っています。粽と同様に砂糖入りのきな粉につけていただきました。一説では、あくまきは、薩摩藩が秀吉の朝鮮出兵の際や関ヶ原の戦いで、日持ちする兵糧として作ったのが始まりといわれています。

  おとうさん、粽!「あなた、粽を作りましたよ、きな粉で食べて!」「甘いものは苦手だなあ・・・」「お砂糖は控えめにしておきました!それにきな粉は健康にいいっていいますよ!」「そうだなあ、きな粉は大豆の粉だ~、畑の肉とか、ミラクルフードとかいわれる・・・、女性ホルモンに効く成分が含まれていて、バストアップ効果があるそうだ!」「あらそうですか?ではきな粉をたくさん付けて・・・」「ウム・・長年重力に引っ張られてきた胸には効かない・・」「あら、あなたも食べて・・・老化やボケ防止に効果があるそうですよ!」「ウウゥ・・・・!粽を巻いていたササ(お酒)の方がいいなあ・・・・」

  七十二候では、小満の初候は「蚕起食桑(かいこ おこって くわを くらう)」とあり、蚕が桑を盛んに食べ始めるころとされています。
 「ことしより蚕はじめぬ小百姓」とは与謝蕪村の句ですが、農家の養蚕は重要な収入源でした。蚕が元気になるこの頃は、農家にとって嬉しい時期だったのでしょう。

   ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2017.05.20(Sat) 16:21] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 夏は来ぬ 

2017年05月01日 ()
  いよいよ今日から五月(皐月)、そして5日には二十四節気の「立夏」を迎えます。夏の気配が現れはじめ、夏めいてくる頃で、立夏から立秋の前日までが夏となります。暦便覧には「夏の立つがゆへ也」とあります。夏といっても、本格的な夏はまだまだ先で、気温が高くなる日もありますが、暑くもなく寒くもなく、湿度が低く風もさわやかで、過ごしやすい季節です。若葉・青葉につつまれて新緑が一段と映えて美しく、南では麦が穂を出し、北国では馬鈴薯や豆の種まきが始まります。

  今日の水彩画は、「若葉につつまれる木もれびの森」です。草木の先に付いた葉の芽が萌え始めだすと、あっという間に森が小さな黄緑色の新葉に包まれます。若葉を透かして女神のような朝陽が差し込むと、森は新しい命の輝きに満たされます。
17-05-01.jpg

  五月五日は端午の節句でもありますが、昔の日本では、端午の節句は男の祭りではなく、田植えに結びついた女性の祭りだったようです。
 田植えの月(五月)は、昔は早苗月(サナエヅキ)といい、これから五月を「さつき(皐月)」というようになったようです。米を作る農家にとって最も重要な月であり、田植えは田の神様を迎える重要な神事とされていました。端午の節句の日は、女性が早苗を田に植えて「田の神様」を迎える日でした。この田植えをする女性のことを早乙女といい、神事をする早乙女は、前日より身を清めなければならず、男たちを家から追い出し、菖蒲で清めた家に籠ったのだそうです。

  おとうさん、青葉が!「目には青葉山ほととぎす初鰹・・といわれ、初鰹で一杯・・粋だねえ~」「あなた!初鰹なんて高くて、粋はいきでも、ため息ですよ~」「昔っから、初物七十五日といって、初物を食べると寿命が延びるという!」「大丈夫!あなたは、畑の春野菜の初物で、十分寿命が延びていますよ!」「・・ふう、粋だねえ・・・・」

  端午の節句に柏餅を供えるという文化は江戸で生まれ、参勤交代で日本全国に広まったといわれます。カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだ餅とされています。柏餅の葉は桜餅と違って、固くて美味しいものではないので、普通は食べないようです。

  「あやめ草足に結すばん草履の緒」 芭蕉の句です。奥の細道の旅の途中、芭蕉は俳人加右衛門より、草鞋(わらじ)二足などを貰います。草鞋は、あやめ草をわらじの緒に付けて旅の無事を祈るというもので、感謝の句のようです。

 ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.05.01(Mon) 16:14] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 桜始めて開く 

2017年03月29日 ()
  春の主役の桜の花が咲き始めましたが、冬のような日があったりしてなかなか満開になりません。26日ごろからは七十二候でも「桜始開(さくらはじめてひらく)」とあり、古より日本人が愛する桜が咲く時季となりました。毎年花を待ち望む、思い出の深い桜がある人も多いことと思います。故郷の桜は咲いただろうか、あの学び舎で見た桜は今年も咲くのだろうか、それぞれの思い出とともに桜開く春がやってきました。

  今日の水彩画は、「ひと足先に満開となった緋桜」です。ご近所に毎年咲く緋桜の大きな木があります。見事に紅の花を付けた桜が、あふれんばかりの春の朝陽に花を開かせ枝を伸ばします。
17-03-28.jpg

  そんな花の春、花の女神「フローラ」に逢いに東京都美術館に行ってきました。「ティツィアーノとヴェネツィア派展」にて展示されているティツィアーノの傑作「フローラ」は、ミニバラ、スミレ、ジャスミンなど春の花を手に、金髪に縁どられた優美な顔を傾け、白い下着をつけた透き通る肌も露に、見る人の心を奪い魅了する女神でした。

  美しい女神や桜の花もいいけど、やはり「花より団子」ですかね。団子といえば桜餅があります。その桜餅に関東風と関西風があることを初めて知りました。関東風は小麦粉を焼いた皮で餡(あん)を巻いたお餅を桜の葉で包んでいます。江戸の長命寺の門番が桜の落葉を使って作ったことから、「長命寺餅」と呼ばれているそうです。
 関西風はというと、道明寺粉(粗挽きのもち米粉)の皮で餡を包んだ饅頭のお餅を桜の葉で巻いた「道明寺餅」と呼ばれる餅のようです。桜餅の葉は塩漬け葉ですが、この桜の葉には「大島桜」が主に使われているそうです。この葉を餅と一緒に食べるか、食べないか、あなたはどちらですか。

  おとうさん、桜餅?「花もいいが桜餅もいいね~!お~い、この桜餅は道明寺か長命寺か?」「お寺じゃなくて、スーパーの特売ですよ!」「・・・・・?まあいいや、桜餅はやはり桜の葉ごと食べるのが通だな!」「あら、あなた・・桜の葉も食べちゃったんですか?」「あたりまえだろ!おかあさんは食べない派なのか?」「いえ・・・この桜の葉はビニールに葉を印刷したものなんですよ・・」「・・・・ぐえぇ!」

  「木のもとに汁も膾も桜かな」とは芭蕉の句で、木の下で花見をしていると、花びらが散ってきて、汁椀といわず膾(なます)といわず花びらで一杯になってしまう、なんと豊かな花の一日であろうか・・・、いい花見ですねぇ・・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.03.29(Wed) 12:20] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード